読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまでも色褪せない思い出を

全ての季節で恋をした

翔平の事が忘れられなくて。


「深町翔平」
私は今でも貴方の事が忘れられません






ー2016年7月

翔平と過ごした最初で最後の夏


それは凄く短かった
凄く、凄く、短かった


「青春は一瞬だ」なんて誰かが言っていた気がするけど本当にその通りで。翔平の存在そのものが青春だった







ピュアで好奇心旺盛、そしてちょっとおバカな高校生。100年後の未来からやってきたらしい。100年後の日本には季節が冬しかないんだって。信じられないよね。それに、恋も知らないみたい。


だから、翔平がやって来た7月は翔平の知らない季節。冬とは真逆の夏だった。冬の辺り一面真っ白な雪景色とは違い、緑が生い茂る爽やかな景色が広がる夏。



初めて経験する事が沢山あったよね。



例えば花火大会。
翔平は冷やしパインとかき氷に夢中だったね。そうそう、かき氷(こおり)じゃなくて、かき氷(ごおり)って言うんだよ。翔平はレモン味を食べてたっけ?他にもイチゴだったりメロンだったり…色々あるんだよ。



でも、翔平を1番虜にしたのはスイカだったよね。
そうだ、スイカの種を食べたらお腹からスイカが生えてくるから気をつけてね。食べ過ぎも注意だよ。







翔平、こっちはもうすぐスイカの美味しい季節がやって来ます。






翔平が、少しだけ経験した夏。









翔平、スイカ食べにおいでよ。

たっくさん用意して待ってるから。

翔平が「もういらねえ〜〜〜笑」って言うくらい用意して待ってるから。










まだまだ翔平が知らない夏、あると思うの。
だからたくさん知ってほしいな。


夏休み、どこか遠くへ遊びに行こう。星空も見ようよ。冬の大三角は見た事あるかな。夏にもね、夏の大三角があるんだ。その日は晴れるといいね。


怖い話もしよう。これで夏の暑さを乗り切るの。
でも翔平は「全然涼しくなんねえじゃん!笑」なんて言いそうだね。


じゃあお化け屋敷に行こう。翔平も「俺の方がシャウト上手いから!」ってお化けに対抗したりするのかな。それとも先に逃げちゃう?……んーん、翔平ならきっと、手を繋ぎながら歩幅を合わせて一緒に歩いてくれるね。







夏だけじゃない。
翔平にはまだまだ知ってほしい季節があるの。


それはね、春。
ピンクの花びらが舞う、出会いと別れの季節。
桜って言うんだけどね、満開の桜は一度でいいから見てほしいな。きっと翔平なら好きになるはず。


あと、翔平に良く似た菊池風磨くんって子が春生まれなの。3月7日がその子の誕生日。翔平、一緒にお祝いしようね。







翔平。

貴方がいない夏をどう過ごしたらいいのか分かりません。貴方と過ごした夏は1度だけでした。

でも、そのたった1度の夏が忘れられない夏になるなんて当時の私は知らなかった。









気付くの遅えよ、





翔平ならきっとそう言うんだろうな…












いつかまた、翔平と過ごせる夏が来ると願って。









そうだ。
玄関にラベンダーの花飾っておくね。












翔平へ。

翔平の事は何年経っても忘れる事はなさそうです。

気が向いたらまた遊びに来てね。















そういえば、フォルダを見返してたら翔平の写真がたくさん出てきたの。(勝手に撮ってごめんね。笑)




























ー恋を知らなかった貴方に、
私はいつの間にか恋をしていました。







P.S.
スイカの種を食べてもお腹からスイカは生えてこないから安心してね。